開発部

現在の仕事内容

現在は主にレシート、食品ラベル、チケット用等の感熱紙の設計、開発に携わっています。新製品の開発や既存製品の品質改良、原材料の品質チェックなど、開発業務は多岐に渡ります。
最近は紙基材の感熱製品も開発していますが、入社以来ずっと、フィルム感熱製品を担当してきました。
フィルム感熱はレントゲンやエコーなどの画像用、高耐久性のラベルなどがあります。
欠陥に非常にシビアな製品もあり、シート1枚ずつを検査する選別工程を担当していたこともあります。

王子イメージングメディアを選んだ理由

紙は私達の生活に欠かせないものです。
もし、自分の会社で作った製品を生活の中で身近に感じることができたら、 やりがいや充実感があるだろうと考えていました。
実際、レシートやチケットなど、街で使用されているのを目にすることも多く、嬉しい気持ちになります。
また、木材を原料とする分、環境への配慮や森のリサイクルの考え方に魅力を感じました。

仕事をする上でのやりがい、印象に残っていること

新製品を検討するときも、まずはテーブル実験からスタートし、テーブルで良好な品質が得られたら、中規模スケールの試作、最終的に生産実機の順で試作を重ねていきます。
実機試作で、テーブル品質を再現しない、操業に問題がある、欠陥が直らないなど、様々な問題が出てきます。
現場のノウハウで操業条件を細かく見直し、最適化する際には、短い試作枠の中でできる限りの対策をします。
結果が良くなかった時にはまたテーブルでの処方設計からやり直しになりますが、製品を作っていくプロセスでは、手配や試作枠の確保も含めて、社内の各部署が一丸となって達成することにやりがいを感じています。

休日の過ごし方

最近、カメラを購入したので上手くなれるよう色々なところに撮りに行っています。
他にはボルダリングにも挑戦中です。

今後の目標、挑戦したいこと

現在担当している開発品の性能をより良くし、お客様での採用を目指します。
また開発部では、新規テーマの探索や、新しい知識を獲得することにも積極的なので、仕事に生かせるように頑張りたいと思います。

ページ上部へ戻る