ものづくりの現場

工場概要

イメージ

感熱記録メディア分野のリーディングカンパニーとして
独自の技術力でお客様に満足、納得の頂ける
製品を提供することに努めてまいります。

神崎工場とは

神崎工場は、王子イメージングメディアのマザー工場として、高い技術力・開発力を備え、お客様のグローバルなご要望にもお応えできる体制を整えております。都市型の工場であるため、生産工程で発生する騒音、臭気等の低減は、非常に重要な課題となります。地域条例等の規制値を遵守することに加えて、周辺住民の方々にご意見をいただき、周辺環境との共生のために迅速かつ確実な対応を図っています。

イメージ

沿革

1894年4月 真島製紙所として、この地、尼崎で製紙業を開始
1915年11月 富士製紙による買収、富士製紙 神崎工場となる
1933年5月 王子、富士、樺太の3社合併により、王子製紙神崎工場となる(第二次世界大戦後、王子製紙の解体)
1948年9月 神崎製紙株式会社を設立
1993年10月 王子製紙と合併、新王子製紙となる
1996年10月 本州製紙と合併、王子製紙となる
2012年10月 純粋持株会社制移行に伴い王子イメージングメディア株式会社となる
イメージ

工場概要(規模・設備)

■広さ

23万平方メートル(甲子園球場の約6倍、東京ドームの約5倍)

■構内従業員数

約640名

  • ・王子イメージングメディア従業員:約460名、

  • ・王子ホールディングス従業員:約30名、

  • ・関係会社従業員:約150名

■主な製造製品

製品名

  • ・キャストコート紙

  • ・インクジェット用紙

  • ・感熱紙

  • ・合成感熱紙

  • ・高濃度感熱紙

  • ・高濃度合成感熱紙

  • ・防錆紙

  • ・粘着紙

■工場内マップ

工場内マップ画像